teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:73/150 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

映画プロデューサー&クリエイター養成講座2009

 投稿者:キネマ旬報総合研究所  投稿日:2009年 6月19日(金)18時38分36秒
  通報
  管理人様、突然の書き込み失礼します。
不適切な場合、お手数ですが削除をお願いします。
======================================
作品性と商品性を両立させるプロデューサーを目指す
「映画プロデューサー&クリエイター養成講座2009」開催決定!
=======================================

―昨年の大好評を受け、2009年も「映画プロデューサー&クリエイター養成講座2009」を開催いたします。全10回の講義では、第一線で活躍する映画プロデューサー、監督など各方面のプロフェッショナルを迎え、映画ビジネスの入口から出口までを「現在進行形の映画プロデュース講座」として、皆様にお届けします!
【募集要項】
●日時:2009年8月22、29日、9月5、12、19日の全5日間(全て土曜日)
●講義時間:各日2講座 (講義1 13:30~15:00 講義2 15:20~16:50)
●会場:映画専門大学院大学(地下鉄大江戸線『西新宿五丁目』駅徒歩3分)
●受講料:52,500円(税込み)
●受講資格:年齢制限無し、学歴・経験の有無は問いません。
●定員: 100名 ※店員になり次第締め切らせていただきます。
(申込方法)キネマ旬報映画総合研究所ホームページ(http://www.kinejunsoken.com)よりお申込下さい。

【プログラム】
 8月22日(土)講義1:現在の映画製作とアジア・マーケットへの可能性
  講師:掛尾良夫(株式会社キネマ旬報社 執行役員、キネマ旬報映画総合研究所 所長)
   講義2:観客が求めている映画作りとは何か?映画製作の舞台裏について
  講師:水田伸生
(日本テレビ放送網株式会社 コンテンツ事業局 コンテンツセンター 映画事業部 チーフディレクター)
  8月29日(土)講義1:日本が目指す、これからのコンテンツ・ビジネス
  講師:村上敬亮(経済産業省 商務情報政策局 文化情報関連産業課 課長)
   講義2:『電車男』 『デトロイト・メタル・シティ』などにみる日本映画の活性化
    講師:川村元気(東宝株式会社 映画調整部 プロデューサー)
  9月5日(土)講義1:『舞妓Haaaan!!!』 『クライマーズ・ハイ』など挑戦し続ける映画製作とは
    講師:久保理茎(株式会社ビーワイルド プロデューサー)
  講義2:TBSが製作する映画はどのように企画開発されたのか
  講師:濱名一哉(株式会社TBSテレビ コンテンツ事業局 映画事業部長)
 9月12日(土)講義1・2:ドキュメント・アカデミー賞最優秀短編アニメーション受賞作品 『つみきのいえ』
   講師:阿部秀司(株式会社ロボット 代表取締役社長)
      加藤久仁生(株式会社ロボット アニメーション監督)
      日下部雅謹
(株式会社ロボット インタラクティブ・コンテンツ部 部長/プロデューサー)
    9月19日(土)講義1:『ヤッターマン』の大ヒットにみる、これからの日本映画の行方
   講師:佐藤直樹(日活株式会社 代表取締役社長)
   講義2:日本映画産業の現在と未来
   講師:佐野哲章
(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント代表執行役員/映画部門日本代表)
      黒井和男(シネマ・インヴェストメント株式会社 代表取締役会長)
※講師・演題は諸般の事情により変更の場合がございます。ご了承ください。

■主催・問い合わせ ㈱キネマ旬報社 キネマ旬報映画総合研究所
〒107-8563 東京都港区赤坂4-9-17赤坂第一ビル
TEL 03-6439-6464(月~金10:00~18:00 ※祝・祭日除く)
FAX 03-6439-6489   HP: http://www.kinejunsoken.com

http://www.kinejunsoken.com

 
 
》記事一覧表示

新着順:73/150 《前のページ | 次のページ》
/150