teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:33/150 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

★国際水映画祭2011★ 12月3日(土)&4日(日)開催!!

 投稿者:アジア太平洋資料センターメール  投稿日:2011年11月18日(金)11時11分22秒
  通報
  突然の書き込み失礼します。
私たちはアジア太平洋資料センターというNPO法人です。
今回は12月3・4日に「国際水映画祭」を企画しましたので告知させてください。
ぜひ若い方にみていただきたい作品ばかりです。ぜひご参加ください。
なお、当日の運営ボランティアも同時に募集していますで、こちらもぜひお気軽にご参加ください。
∴∴*∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴*∴∴∴
 ★国際水映画祭2011★ 12月3日(土)&4日(日)
「民営化・商品化」「アジアの開発」「紛争・戦争と水」等、6つのテーマ
   ~日本未公開作品を含む、国内外の21作品を一挙公開!~
http://www.parc-jp.org/mizu_eiga/
Twitter : @mizu_eiga
∴∴*∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴*∴∴∴

 21世紀は水の世紀といわれています。水資源の枯渇と、それに伴う国家・地域・人びとの間に起こる争い、開発によって水へのアクセスを奪われる人たちー。また水の民営化・商品化によって「貧しい人は水も飲めない」状況が生まれています。
これらの問題を多くの方々と共有し、解決するため、日本で初めての水をテーマにした国際映画祭を開催します。世界各国の多彩な作品を通して、私たちの生きる社会と世界、暮らしと水について考えます。
 また3月11日の東日本大震災を受けて、「原子力と放射能汚染」というテーマでの作品も上映します。放射能に汚染される水・川・海、そして原発誘致に揺れる小さな漁村の姿などを描いた名作です。映画だけでなく、監督トークやセミナーも企画しています。
皆様のお越しをお待ちしています。

 映画祭では、「グローバル化と水の民営化・商品化」や「紛争・占領地における水といのち」といったテーマごとに厳選された映画、計21作品を上映します。日本で未発表の作品も、本映画祭にて公開されます。また、監督によるトーク・セッションやセミナーもあり、盛り沢山のプログラムです。

【国際水映画祭 概要】

●日時:2011年12月3日(土)10:00~21:00
        12月4日(日)10:00~19:30
●会場:国際連合大学(UNU)
    東京都渋谷区神宮前5-53-70
●参加費:前売券 1日券 2000円、2日通し券 3000円
     当日券 1日券 2500円
     高校生以下 無料(要予約。50人限定)

●チケットお申込み&お問い合わせ
国際水映画祭実行委員会
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-7-11 PARC気付
TEL.03-5209-3455  FAX.03-5209-3453
E-mail: mizu_eiga@parc-jp.org
http://www.parc-jp.org/mizu_eiga/
Twitter : @mizu_eiga

★事前・当日ボランティアも同時に大募集!事務局までご連絡ください。

●主催:国際水映画祭実行委員会
(NPO法人アジア太平洋資料センター〈PARC〉/アース・ビジョン 地球環境映像祭/NPO法人メコン・ウォッチ/国際有機農業映画祭運営委員会)
●後援:国際連合大学(UNU)
●助成:一般財団法人セブン‐イレブン記念財団
●協力:株式会社シグロ/有限会社アップリンク/有限会社ポレポレタイムス社/パタゴニア

【上映作品】※詳しい作品紹介はウェブをご覧ください。
●テーマ①:アジアの開発と人びとの暮らし
★ナルマダ・ダムの5年(1996年/インド)
★ムン川の経験‐メコンの暮らしとダム(2010年/タイ・日本)
★水になった村(2007年/日本)

http://www.parc-jp.org/mizu_eiga/

 
 
》記事一覧表示

新着順:33/150 《前のページ | 次のページ》
/150