teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Re:近況です

 投稿者:s-ok  投稿日:2015年11月 5日(木)21時04分47秒
編集済
  八ヶ岳から雪の便り。
5月だったから春山になりますが、中央線の電車の中からとか、茅野から美濃戸に向かうバスの中からとか、雪の八ヶ岳を見たことがあります。
白い山々、その凛とした厳しさがとっても美しいと思ったことを覚えています。(八ヶ岳のページ:1999/05/03~042000/05/03~05など)

11月に入り、こちらでも晴れた日が続いています。
晴れた日には山がきれいに見えます。ボクの住む集合住宅からは丹沢はもちろん奥多摩や奥秩父の山々も見えるのですよ。
今朝あらためて丹沢を見ると、今までは濃い緑っぽかった山肌が赤茶色に変っていました。丹沢でも紅葉が進んでいるようです。
集合住宅にはたくさんの桜が植えられています。その桜もすっかり枯葉色です。
清掃作業の人が毎朝掃き掃除するのですが、掃くそばから落ち葉が舞い落ちてきりがありません。
相模原でも秋の深まりを感じるこの頃です。

柿は、甘い柿はもちろん渋い柿(干し柿)も大好きです。子どもの頃は家に柿の木があり、秋になるとやっぱり皮をむいて軒に吊るしたりしたものでした。
でも柿の皮を白菜や沢庵など漬物に利用するとは知りませんでした。風味がよくなる、ほんのり甘みが出るなどの効果があるとか。…先人の知恵ですね。
今は柿の木はないけれど、9月上旬に種をまいたニンジンやダイコンが収穫の時期を迎えています。
ニンジンのグラッセ、ブリ大根、豚ダイコン、おでん…。ニンジンのほんのりした甘みや、汁の浸み込んだダイコンがとても柔らかくておいしいです。
それにしても1mmにも満たない小さな粒(種子)の中に、30cm~40cmにも肥大させる力が潜んでいることに驚きです。
ニンジン、コマツナ、長ネギ、ブロッコリーなど、日毎に成長する野菜の中に潜む「自ら成長しようとする力」の大きさに教えられることの多い毎日です。
 
 

ちかごろ3

 投稿者:メザシ相伴  投稿日:2015年11月 4日(水)08時02分50秒
  八ヶ岳に雪が降ったそうです。今朝は地面が真っ白。土には霜柱。草の葉も霜のフリルをまとって陽が当たるのを待っています。
昨日は3キログラムの渋柿を350円で買ってきて、皮を?いて干し柿にしました。皮は白菜漬けや沢庵用に干しておきます。縄は夏に抜いておいた”みぬぎ”と山形では言っていた、すだれなんか編む時に使っていた草を綯ったものです。
シジュウカラ、ゴジュウカラ、コガラが餌台のヒマワリにやってくるようになりました。
晩秋というより初冬かな。
 

近況です

 投稿者:s-ok  投稿日:2015年10月21日(水)21時44分3秒
  >メザシ相伴さん
掲示板への投稿、ありがとうございます。ボクも近況を書きますネ。

”伊賀の影丸”…横山光輝の作品が懐かしいです! ”鉄人28号”や”三国志”、熱心なファンでした。
パラパラっと舞う木の葉、その様子を想像しています。これもたまらなく懐かしい風景です。
舞い落ちた木の葉を木の根っこ辺りに掃き固めておく。…なんだかキツネが出てきそうな童話の世界!!
諏訪湖湖岸からのワカサギ釣り。自然の恵みを満喫されている様子がうかがえてうらやましいです。

ホームページに書いているように月に2~3回、近郊の緑地や丘陵地を散策しています。
今の季節、雑木林を歩くと足元でパリッポリッと破裂音がするのですね。
無数に落ちているどんぐりを知らず知らず踏んでいるのでした。相模原でも秋の気配が感じられるこの頃です。

数日前に自転車を新しくしました。26インチ、内装3段変速のママチャリ。
市内はほとんど平らだから変速を切り替えることはないんだけど、北から南にかけてわずかに標高が低くなっています。
ですから畑からの帰りはあまり力を入れなくても進むので楽です。
でも妻が「ハンドルがふらつく時がある」言います。
”転ばぬ先の杖”でストックを持って歩くように、ふらつきがあることを自覚し安全に気を付けて乗ろうと思います。

今日はナスを撤去し跡地をクワで耕しました。11月上旬、同じ場所に玉ネギを定植します。
今日の収穫は小松菜、ダイコン(間引き)、ニンジン。白菜、ホウレン草、ブロッコリー、長ネギなど秋野菜の生育も順調です。
 

ちかごろ2

 投稿者:メザシ相伴  投稿日:2015年10月20日(火)18時33分10秒
  ぽかぽか陽気が続いています。木々の葉がバラバラバラッという感じで舞い落ちています。伊賀の影丸?の木の葉隠れ?のようです。たまった所を掃き集めて木の根っこ辺りに固めて置いておきます。きょうは諏訪湖にワカサギ釣りに出かけました。下諏訪港の桟橋(と言っても巾2m弱で奥行き10mといった木製のもの)からの岸釣りです。昼から3時までで40匹ぐらい、山中湖や相模湖でボートを何回かやったことがあったけど、それよりかは釣れたかも。100匹釣りたいものだ。今夜は天ぷらです。  

Re:ちかごろ1

 投稿者:s-ok  投稿日:2015年 9月25日(金)10時33分43秒
  > メザシ相伴さん
近況ありがとうございます。
山栗の実る季節、リスが餌を貯めこむ季節、落葉の舞いはじめる季節。
…本格的な秋が訪れ始めた信州の里山風景を想像しています。
自然と共に生きる。…都市近郊に生きるボク等の憧れですね!

とはいえ相模原もまだまだ自然が豊富です。
9月に入り借りている農園でも春菊や白菜の播種や植え付けを行いました。
小松菜は2週間ほど間隔を置いて種を蒔きました。
秋~冬野菜の発芽は順調です。
先月植え付けたブロッコリーもしっかり定着し茎も葉もだいぶ大きくなってきました。
その分害虫の発生も目立っています。
先日も葉裏にびっしり産み付けられているヨトウムシの卵塊をセロテープで駆除しました。
9月から10月にかけての畑作業は病虫害とのたたかいになりそうです。

秋分の日を過ぎ、カレンダー通りに秋の深まりを感じさせられる季節です。
夜が次第に長くなり寒ささえ感じるこの頃ですが
↓こんな熱い思いで活動することもあるのですよ。
http://s-ok.cocolog-nifty.com/blog/2015/09/post-ea8b.html
トレッキングポールに支えられながらの行動ですが、
自分の思いや気持ちに素直であり続けたいと思います。
 

ちかごろ1

 投稿者:メザシ相伴  投稿日:2015年 9月24日(木)14時54分24秒
  庭?の山栗がそろそろ落ち終わりです。3分の2は虫食いですが、せっせと拾っては煮て食べたり、虫食いはリス用にと別にとっておきます。リスと言えば立て続けに遭遇しました。車で林の中を走っていたら、前でチョロっと動く物が。止まって確かめると手足の赤毛の子リスです。ちょこちょこっと走って行ってしまいました。胡桃でも探していたのでしょうか。タラの木や漆の葉が色づき始め、気の早い葉っぱが舞い落ちるこのごろです。  

ふれあい農園

 投稿者:s-ok  投稿日:2015年 9月 3日(木)22時11分5秒
  Re:メザシ相伴さん

8月の前半は晴れて猛暑、後半は雨や曇りの涼しい日が続いています。
その中で久しぶりに昨日は午後が晴れ、今日は午前中が晴れ、という天気になりました。
晴れて青空が見えると気温がグインと上がります。だってまだ9月前半ですものね!

ヒマワリの種は冬の野鳥やリスへのプレゼント! なんだかとても楽しそう!!
自然が身近に感じられる原村ではそういう楽しみ方もあるのですね。

さてこちらでは昨日から今日の晴れ間を利用して、トマトの整理をしてきました。
5月上旬に苗の植付け、支柱立てや芽欠き・整枝・誘引などの世話を続け、
今日整理(撤去)するまでにミニトマト・苗各1本(ミニキャロル338個、アイコ335個)、
中玉・苗2本/263個、大玉・苗4本/71個の収穫がありました。
8月後半から9月は秋~冬野菜(人参、長ネギ、ブロッコリー・カリフラワー、ダイコン、白菜、
小松菜、ほうれん草、玉ねぎなど)種蒔きや畑作りなど準備を進めています。
※春~夏野菜はインゲン、枝豆、トウモロコシ、キューリ、トマト、ピーマン・シシトウ、ナスなど。

借りているのは「ふれあい農園」
250cm×1200cm区画の中に190cm×70cmの畝を9つ作り、
そこに専門家(農家)の指導を受けながら決められた野菜を作る…という仕組みです。
5年も前だけど新聞にも紹介されているので下にURLを書きます。
・市民農園で新鮮野菜(2010年9月7日 読売新聞)
 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=30427

また4年前、ボクのブログでも畑の様子を書いています。
通常は非公開にしているけれど、写真もあって分かりやすいと思うのでURLを書きます。
・畑の準備(2011年3月31日)
 http://s-ok.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/index.html

今年は山に行けない代わりにほぼ一日置き、必要なときには毎日行くこともあります。
我が家から農園まで自転車で40分弱。農園に通うだけでも良い運動です。
世話は大変だけど、収穫できた時はやっぱり嬉しいですね!
 

(無題)

 投稿者:メザシ相伴  投稿日:2015年 9月 2日(水)11時54分25秒
  9月です。昨日ストーブのメンテナンスを業者にしてもらいました。村なのに「市民農園」なるものを今年借りました。5m×10m。ジャガイモをはじめいろいろ植えたのですが、一番できが良かったのは周りに植えたヒマワリとコスモスでした。ヒマワリの種は冬の野鳥やリスの餌にします。ここ何日か雨だったのが上がったので、刈り払い機で周りの雑草を刈って黄色くなった茎のヒマワリの種を収穫してきました。これを一粒一粒ばらすのがまた面倒なのだけど、楽しみながらやっています。oーkさんの畑はいかがだったでしょうか?  

Re:仙丈ヶ岳

 投稿者:s-ok  投稿日:2015年 8月23日(日)21時02分28秒
  > メザシ相伴さん

残暑お見舞い申し上げます。
今日(08/23)は処暑。暑さが収まるころ…と言われていますが、相模原はジメッとした蒸し暑い日が続いています。
八ヶ岳の麓・原村はアキアカネが飛び交うなどもう秋色に染まる季節ですね。
カラッと乾燥した空気の中、毎日八ヶ岳を眺めながら過ごせる環境がうらやましいです。

掲示板への書き込みをきっかけに
1990年代に歩いた南アルプスはもちろん、2000年11月23日の三峰山記録も読み返しました。
コンロの上でジュウジュウと焼き上がるメザシ、ビールによく合い旨かったなぁ!

原村からは八ヶ岳の右手・南方に南アルプス・鳳凰三山や甲斐駒ケ岳も望めるのでしょうか。
カシミールに描かせたら仙丈ケ岳と馬の背もチョコッと見えるようですね。(役場付近から)
その甲斐駒ケ岳~仙丈ケ岳を歩いたのも、もう15年も前でした。
途中立ち寄った長衛荘や大平山荘、長~かった藪沢登山道を思い出しています。
長衛荘は今は「こもれび山荘」に名前を変えているのですね。公衆電話、掛けそば…何もかもが懐かしいです。
15年前のボクは当時高校1年生だった息子が相棒。15年後のメザシ相伴さんは奥さんとご一緒!
今も現役で共に富士山や南アルプスなど高山に登ることのできるチャレンジ精神と体力が素晴らしいですね!!

現時点では丘陵や緑地(公園)などを中心にゆったりのんびりと歩いています。
涼しくなったら中央沿線や西丹沢方面も計画したいと思ってはいるのですが…。
”原村からの便り”、楽しみにしています。
自然を感じさせる便りは何よりも元気の元になりますので・・・。
 

仙丈ヶ岳

 投稿者:メザシ相伴  投稿日:2015年 8月21日(金)15時39分57秒
  8月18日仙丈ヶ岳に夫婦で登ってきました。
帰ってから、s-okさんの南アルプスの山行記録を思い出し読んで見ました。つい次から次へと読んでいました。メザシを食べたのは2000年の秋だからもう15年も経ってしまったのにびっくりです。たまにようこそ!山へ!!をのぞいてはご活躍の様子を拝見していましたが、入院やら退院やらを知らず驚いています。
今はこもれび山荘になっている小屋に前泊し、日帰りのはずが、二人とも膝やら腰やら痛くなるは、薮沢道の長いことで、結局大平山荘に泊まることになってしまいました。去年は富士山に登ったのですよ。これも、経ガ岳や三峰山に連れて行ってもらったり、山行記録をいろいろ読ませていただいたおかげです。
原村に住んでいます。甲州街道や中山道が近いです。足が向いたらお寄りください。
投稿が初めてなので、こんなのでいいのかどうか・・・・。

?
 

暑中お見舞い

 投稿者:s-ok  投稿日:2015年 7月25日(土)22時26分32秒
編集済
  暑中お見舞い 申し上げます。
「ようこそ! 山へ!!」を訪れた皆さん、
「s-okの掲示板」を訪れた皆さん、
いつもありがとうございます。

毎日35℃内外の猛烈な暑さが続いています。蒸し暑くて寝苦しい夜も続いています。
天気予報でも、連日紫外線対策や熱中症予防の呼びかけが行われています。
厳しい暑さの中、皆さんはいかがお過ごしでしょう?

14日(火)MRI検査、24日(金)診察を受けてきました。
MRI画像の真ん中に、大きな腫瘍がばっちり写っていました。
大きいけれど、1月に比べて大きな変化はないそうです。
このまま経過を観察、次回は1年後の2016年7月に再検査とのことでした。

今年1月にバイパス手術を受けて以降、日常的には差し障りない毎日を過ごしています。
ほぼ一日置きに、借りている農園に出かけて畑仕事をしたり
月に2~3回程度、近郊の公園や丘陵(フットパスなど)を歩いたりしています。
時々めまいやふらつきを感じることもあるけれど、支える壁や柱があれば大丈夫です。
歩くときにもトレッキングポールがあれば安心です。

結局ここ数か月の生活を、これからも維持・継続しながら過ごすことになります。
出来なくなったことを嘆くよりも、できることを少しでも増やして楽しみたいと思っています。
涼しい季節になったらある程度の山歩きにも出かけたいですね。
余命を宣告されてなお生きているということは「やることがまだあるよ…」ということですから。

ますます暑くなる季節、お体に気を付けてお過ごしください。
厳しい暑さ、この暑さも楽しみながら過ごせると良いですね。
 

Re:「寅さん」

 投稿者:s-ok  投稿日:2015年 6月19日(金)14時52分36秒
  > 大田区のYさん
返事が遅れてごめんなさい。

「寅さん」シリーズ、ボクも大ファンです!
真っ正直な善意がすれ違う、本当は哀しいのに温かみのある可笑しさ、
旅する寅さんが行く先々で出会う心の琴線にふれるような日本の原風景、
…映画のシーンだったか、寅さんと誰かの会話だったかもう忘れたけれど
”信州のとある山あいの田舎道、田舎家に灯りが灯り始める頃、
 「夕飯だよ」と子どもをよぶ声、家路に急ぐ子どもたちの背を照らす夕日。”
そんな場面をフッと思い出します。
幸せって何気ない日常の中にあるんだナって。

<近況>に紹介されていた「カイト山」 、ネットで探してみました。
地図で見る山頂南側はゲジゲジマーク(断崖絶壁)がいっぱい!
登山道がなく踏み跡をたどる山、両側が切れ落ちた岩峰、
手書きの山頂標識…、上州らしい渋くて味わいのある山に思えました。
藪の中に、何気なく佇んでいるお地蔵さんなんかもいいですね。

最近、近場の緑地や丘陵帯、里山を歩いています。
多くの人が登る著名な山や展望の素晴らしい高い山も良いけれど
このごろはどことなく人の気配を感じる里山も良いものだと感じています。
その地に代々生活を営んできた古老の話に耳を傾けることも…。

昨年12月末の手術前、
Drに”春まで持つかどうか…”と言われた命、
夏を迎えようとする今も生きながらえ
更に歩く楽しみ、生きる楽しみを求め続けています。
 

「寅さん」

 投稿者:大田区のY  投稿日:2015年 6月14日(日)22時09分47秒
編集済
  s‐okさん、しばらくです。

行程終盤、眩暈の再発!っと思いきや地震!良かったですねー。ヒヤッとなさったでしょ
う。そういえば東京でも眩暈のように感じるかなりの揺れでした。ともかく6時間近い歩
行タイム、無事終えられて祝着に存じます。自分も大病の後、体と相談しながら寄P710
をゆっくりゆっくり歩いてみたことを思い出します。小さい山だったけれど、半分諦めて
いた山を歩けたことがなにより感激でした。
相模湖界隈、読ませていただきました。鼠坂に下りられたのですね。鼠坂から少し相模湖
大橋の方へ進んだ、左側にあるドライブイン“鼠坂の関”、ご存知でしたか。合掌造りの古
民家で囲炉裏焼が楽しめましたが、今も変わらないのでしょうか。山を下りて来てから囲
炉裏端で一杯・・・なかなかおつですね。機会があったら是非!
我が登山隊も昨年末から今年初めにかけて、藤野の山が気に入ってずいぶん通いました。
冬の陽だまりハイクには絶好の、すばらしい山域でした。学生時代だったら歯牙にもかけ
ない山域だったのに・・・

ここのところ土曜日の夕方からまた「寅さん」をやってます。再々々放送くらいでしょう
か、もう何回も見てほとんど筋も覚えているのに早めに風呂に入って、準備万端。ビール
を飲みながら、
「あんた何ウルウルしてんのよ!!」
古女房に笑われながら見ています。宇野重吉と太地喜和子の巻と、三船敏郎と淡路恵子の
巻がいいですねー!
「寅さん」なんて以前は何の興味もなかったのに、いつごろから寅さんフリークなってい
たのか、とんと思い出せません。
山だってそうです。長い年月を経て、再び訪れた丹沢、道志などの山。そこには若いころ
感じることができなかった多くの魅力に溢れていました。それは日本アルプスを知ってい
たから、その対比により、その良さが際立って見えたのかと言うと、そうでもない。以前、
山の経験があろうがなかろうが、相棒達と辿る落ち葉積もる山道は、十分に美しく、心和
む世界に感じられると、今では確信しています。
さて、その相棒達ですが、「迷犬-雄なのにナナ」が数々の逸話を残し?5/21、急逝してし
まいました。親が亡くなったって涙ひとつこぼさなかったこの冷血漢登山隊長、泣けた!
泣けた!子供の頃も犬を飼ったことがあったけれど、そいつが死んだ時はあまりかなしく
はなかったのにこの変わりよう、おかしいですね。

はて・・?なにが言いたかったのか・・・
落としどころが出鱈目なヨタ話になってしまいました、お恥ずかしいかぎりです。
まー人間、変われば変わるもんだと言うことで・・・

<近況です>
相模湖周辺、藤野の山。西上州の山、中では冨士浅間山と上野村のカイト山が面白かったかな。
丹沢は神縄隧道からブッツェ平、焼津から大仏ノ野。等々
s‐okさんが相模湖の山を歩かれた次の日、大峠から大菩薩黒岳に、相棒の慰霊登山に、
生き残りの相棒と行って来ました。こいつは14歳3ヶ月、まだまだ元気な婆さん、259山
行、207座更新中。たいしたやつです。一番の勲章はやはり織戸峠越えかな。

・・長文陳謝です
 

Re: 共に頑張りましよう

 投稿者:s-ok  投稿日:2015年 2月28日(土)22時05分31秒
編集済
  > KOAさん
ご無沙汰しています。

右足首の靭帯損傷、網膜剥離、心房細動…。
次々におそいかかる疾病、お見舞い申し上げます。
3月10日以降に心臓カテーテル手術も予定されているとのこと、
成功し、再び元気に山歩きができますようお祈り申し上げます。

ボク自身の脳脊髄液バイパス手術は無事に成功しました。
腫瘍そのものは経過を見ながら…という条件付きですが
おかげさまで今ではリハビリとして積極的に歩いたり、
こうしてPCに向かったりできるまでに回復してきました。

初めての入院、初めての手術、初めての余命宣告・・。
最近読んだ本の中に印象に残る言葉があります。
”皆さんはどう生きたいのだろうか?
 どれだけ生きたいかではない。
 百歳まで生きることも素晴らしいだろう。
 しかしその生で皆さんは何をしたいだろう?
 長く生きることは貴重であるが、
 私はどのように生きるのか、
 そのことのほうがずっと重要だと思えてならない。
          (「死ぬときに人はどうなる」大津秀一 致知出版社)”


自分にとって意味ある人生を考えるきっかけになれば、
病気をしたことも悪い経験ではありませんね。。。

いつか丹沢のどこかで、お会いできる日を楽しみにしています。

http://

 

共に頑張りましよう

 投稿者:KOA  投稿日:2015年 2月27日(金)04時13分50秒
  大変、ご無沙汰しております。
遅まきながら、掲示板を拝見させて驚きました。
青木 一弘です。

一日でも早い、ご回復を祈念し織ります。

じつは、私も、昨年冬の「右足首の靭帯損傷」を皮切りに、
翌年初年には、「網膜はく離」を患っている事が発覚しまい「山」は、
絶対禁止の状況となりました。
網膜は、はく離治癒後、山行きは許可され、1ヵ月後の計画を練ってましたが、

そんな折、「心房細動」を患っっている事が発覚し、「三浦雄一郎」同様に
「心臓カテーテル手術」の診断となりまいた。(横須賀共済病院)
医師の提案は、日本国内の第1賢者による手術(3月10日以降:手術の順番待ち)となり、
今後の山行きは、今秋以降となるそうです。
またまた、山行きのスケジュールは延期されてしまいしましたが、完治第一優先目標として、
秋前には、本格復帰できるよう、精進するつもりでおります。
また、どこかの丹沢でお会いできる事を楽しみにしております。
 

Re:春のたより

 投稿者:s-ok  投稿日:2015年 2月10日(火)20時31分11秒
編集済
  > 春さん
掲示板への書き込み、ありがとうございます。

おっしゃるように、
・歳を重ねることは悪いことではありません。
 日々の生活の中に、今までだったら気が付かなかったような
 小さな幸せをいくつも見つけることができるようになったから。

・病気になり入院することも悪いことではありません。
 しかも今回は、一時的にでもせよ余命を宣告されたこともあり、
 残された時間をどう生きるか考えるよいきっかけにもなったから。

”自然に人間らしく生きること。
 そのことが健康を維持していく、
 あるいは病気を克服する唯一無二の方法である”

最近読んだ本の中の一節です。

今は体力回復に努めると同時に周辺の整理も進めています。
そして暖かくなったら野山にも出かけ、
自分も自然の一部であることを再確認したいと思っています。

今は近場が中心ですが、三月に入れば少しは遠出もできるかと思います。
よい季節、日程が合えば三浦の丘陵帯もご一緒したいですね。
また声をかけて下さい。お会いできる日を楽しみにしています。

http://

 

春のたより

 投稿者:春さん  投稿日:2015年 2月 9日(月)21時56分26秒
  s-okさん、今晩は!!

近況報告、ありがとうございます。快方に向かわれている様子なので、
ひとまずほっとしました。

人間でも、自然界に生きる動物でも、命はひとつしかないですよね!
こんな当たり前の事を、人は大切なものを失って気づかされることが多々ありますね!!
今も、ボブが亡くなった時に頂いたハンス・ウィルヘルムの
「ず~っと ずっとだいすきだよ」の絵本、ボブのお骨のとなりに大切な思い出とともに、
飾ってあります。
毎年、ミツマタの黄色の花を見るたびに、西丹沢での愛犬ボブとポテトとの記憶が
鮮明に甦ってきます。

ここ何年かは、僕は出張が多くて、愛犬サニーを連れて、気ままな山歩きをする機会が
減りました。気がつけば、サニーも老犬(推定11歳)となり、山歩きは無理な年齢に
なりました。
今のサニーからは、若い頃のようなエネルギッシュなパワーを感じることはできないけど、穏やかな表情からは優しさが伝わってきます。
そんな姿を見ていると、歳を重ねるのも、そんなに悪くないなと、思える今日この頃です。

s-okさんの体調をみて、田浦梅林や曽我梅林、西丹沢のミツマタ、あるいは
樹下の二人のサンショウバラに会いに行きましょう!
もちろん、s-okさんのペースに合わせて!!

再会できることを楽しみにしています。
これから益々寒くなりますので、風邪など引かぬようお過ごし下さい。

春さんより
 

近況です

 投稿者:s-ok  投稿日:2015年 2月 6日(金)18時39分15秒
編集済
  1月6日に行われた脳脊髄液の流れをよくするバイパス手術。
退院後も「できるだけ歩きなさい」というDrのアドバイスもあり
杖をつきながら買い物やウォーキングに出かけていました。

一ヶ月後の今日(2/6)、杖を持たずに散歩や買い物に出ると…。
もう「めまい」や「たちくらみ」の症状がありません。
バイパス手術は成功し、
「春まで持つかどうか」と言われたボクの命は確実に延びたようです。

でも液の流れを止めていた腫瘍そのものを取り除いたわけではありません。
病院に定期的に通い、CTやMRIの検査を通して経過を診ることになります。

この一ヶ月、ボクの生活(生き方や考え方)も大きく変わりました。
・昨年暮れまで働いていた仕事を辞め、完全な年金生活に入りました。
・近隣の山に出かける時のボクの足でもあった50ccバイクを廃車しました。
・NPOに顔を出すことがほとんどなくなり
 地域のボランティア活動も大幅に縮小しました。
・読書、それも「脳」や「終活」に関連する本を読む機会が多くなりました。
・ストレスのない規則正しい生活を心がけ、
 ウォーキングを中心とした体力作りに努めるようになりました。
 目標は一万歩(週に2~3回以上)。

今は散歩で歩く距離を少しずつ延ばしています。
そう遠くない時期、近場のハイキングにも出かけたいと思っています。
実現できたらハイキング紀行としてHP上にもUPしたいと思っています。
HPの再開まであと少しです…。
 

2015年に向けて

 投稿者:s-ok  投稿日:2014年12月31日(水)18時14分51秒
編集済
  「めまい」「立ちくらみ」が続くため、
しばらく前からHPの更新をお休みしていました。

治療の為、新年早々から入院します。
入院中はメールもパソコンも見る事ができません。
再び元気になりましたらこのページでお知らせします。

それでは皆さま、よいお正月をお迎え下さい。

 

Re:悪沢.クマ沢

 投稿者:s-ok  投稿日:2014年11月 8日(土)00時16分2秒
  > Katさん
西丹沢らしいナメ床や深い淵に魚影を見ながらの楽しい沢歩きでした。
楽しい沢の紹介ありがとう! 本当だったらKatさんもご一緒のはずでした。
来シーズンにはまたぜひ計画しましょう!

体調へのご心配、ありがとうございます。
寝不足だったら十分寝ることで回復します。
でもこの頃は、体力の衰えをつくづく感じています。
先日都内に出かけ、地下鉄の長~い階段をしんどく感じました。
実際に歩くと、東京はけっこう坂の多い街なんですね。
お言葉の通り、ムリをせず体に気を付けて過ごそうと思います。
 

レンタル掲示板
/30