teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:209/2500 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

虚しい時代

 投稿者:もぐさ  投稿日:2012年 9月 3日(月)16時50分44秒
  通報
  昨日、知的障害者のお給料の為の工芸品作りをしてる知人に、「工夫して材料の足しにしてもらえれば」と、ダンボール片を渡しました。そのダンボール片というのは、商品の梱包に使われていた本来捨ててしまうようなものです。
知人ら支援団体の方々は、雑木林や森などに分け入って、素材に使えそうな花や実や木片を一生懸命探して、時に木の枝を自分で泥だらけになって切断して(!)、工芸品の木材にしています。初めてその事を知った時、いろんな意味で驚きました。
月に数万円単位の売り上げが欲しいので、当然、工芸品を大量に作って売らなければならず、しかも全て自腹で、売り上げの全額を寄附するので、まず店で売ってる木材や装飾素材を買うことは出来ません。皆さんは、身近にある素材になりそうな物をかき集めてる感じです。私も微力ですが、本来捨ててしまうようなダンボール片や木片や布・紙切れなどを彼らにお渡ししています。手渡してて何だか悲しくなります。現場の切迫感が伝わってきます。

あと、電力について、「原発がなくても」電力は足りてます。以下のPDFは、私が意見を参考にしている学者のうちの一人である、小出裕章さんがまとめられた概要です。A4ですので、ぜひ印刷して皆さんで御覧になってみて下さい。

「原発がなくても電力が足りる理由」⇒http://twileshare.com/uploads/A4.pdf

三ページ目の下段にあるグラフをご覧頂ければ分かるように、これまで火力と水力で充分まかなえてきたのです。これは経済産業省が毎年、エネルギー白書等で自ら集計してまとめているデータをグラフ化したものなので間違いありません。なのに国民には足りないと嘘をついています。原発が発電量の3割を占めてるというのは、巧みな論旨のすり替えであって、需要量の事ではなく、発電設備容量の事なんです。

次世代エネルギーを考える前に、まず、私たちが反省を込めてエネルギーの使い方、つまり、幸せの本質や自然の摂理とか、ここでも問題になった「ありがとう」の気持ちを考え直すほうが、ずっと重要なことだと思います(私は今、この段階に、やっと沈んでる気持ちが追いついてきたばかりです)。そうしない限り、お金の為に弱者が苦しむという過ちを延々と繰り返し続け、私たちは欲望だらけになって本当の幸せから遠ざかり続けると思います。エネルギーの少なかった大昔に比べて、エネルギー余剰の現代のほうが幸せかといったら、決してそうではないと思います。むしろ、私達は今、とても苦しくて空疎な時代を生きています。

※かにさん、補足ありがとうございます。私の言葉足らずで、正しくは「外務省のHPの渡航に関する注意」でした。誤解を招く表現をしてしまい失礼致しました…(/ _ ; )

 
 
》記事一覧表示

新着順:209/2500 《前のページ | 次のページ》
/2500