teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:136/2500 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

最後っ屁

 投稿者:賢人  投稿日:2012年 9月20日(木)21時15分6秒
  通報
  もぐさ様が長期休養されるのなら、私もここには用はありません。よって、脱出しようと思います。

彼女と掲示板で意見交換することが目的でしたが、せっかく割り込まれた皆さん(2~3人か?)も含めて最後のコメントを残していきます。

まず、もぐさ女史には病身だと推測されるハンデを敢えて無視して厳しいことを書いてしまいました。その点をお詫びします。
しかしながら、百聞は一見に如かずの例え通り、現場にリアルタイムで遭遇しにいくジャーナリズム(取材)の原則を伝えたかったのです。
今夜のNHKクローズアップ現代で山本ゆかさんの半生と最期が放送されていましたね。
女だてらに、なぜあそこまで、、。という俗人からの愚かしい疑問は無視しましょう。

僕らの世代に一ノ瀬タイゾーというカメラマンがいました。
カンボジアで報道活動中に拉致され殺されるのですが、永らくその生死が不明でした。
その後、クメール開放後遺体が発見され、彼の業績を記すイベントが日本各地で催されました。
僕も、彼の人生をノンフィクション化した「地雷を踏んだらサヨウナラ」という映画と、タイゾー写真展を企て、渋谷のシネカノン(配給会社)に日参しました。
放映会場を求めてワーナーマイカルに交渉したところ、その企画そのものが採用されて、マイカル桑名で劇場映画として放映されたことがあります。

主役の浅野忠信のライフワークの一つでした。何となれば、タイゾーの肉親が本人と間違えるほどののり移りようで、後で判明したところ浅野が誕生したその生年月日がタイゾーの死亡日時だったのです。

タイゾーとのそんな奇遇や幸運に立ち会えたのも、ドラ息子に自由を与えてくれた父親と、健康無比な肉体で産んでくれた母親のおかげです。
本人の努力は、若い頃には全くの不足でした。

オリンピック連続2冠に輝いた北島康介が、北京大会のあと渡米してから「中学校の時にもっと英語を勉強しておくべきだった。」と話したように、
僕にとっては、高校の時に英語の勉強が全くしてなかったことを悔やんでいます。

成人してから洋行する際に、買い物や、道を聞くだけの英会話力では、アジアでも社会の中枢で論争できるスキルに全く届かないことを思い知りましたね。

皆さん、母国語は12歳までにほぼ完成してしまいます。小学校卒業までにできるだけまともな本を読んでおいてください。
中学、高校では「1に英語、2に英語、3、4なくて5に体育」というのが僕の独断によるお薦めです。

 
 
》記事一覧表示

新着順:136/2500 《前のページ | 次のページ》
/2500