teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


賢人さん、棗さん

 投稿者:もぐさ  投稿日:2012年 8月29日(水)18時27分57秒
  賢人さん

でも、外国に旅行する場合は、少なくとも外務省の「渡航に関する注意」に目を通して、安全な旅をしてもらいたいですね。ルーマニアは良く知らないんですが、吸血鬼のモデルのツェペシュ伯爵が怖いですね((((;゚Д゚)))))))

ツキノワグマの話は悲しいです。乱開発のせいで、人里に下りて来ても食糧がなく、捕獲して解剖したら、実り切ってない青い柿がお腹に入ってたという話をだいぶ前に聴いた時、泣けてきました。また、こないだカワウソを主人公にして絶滅危惧を訴えている絵本を観たばかりなので心が痛みます。

映画の話に絡んで、ジェームズ・キャメロン監督が、「JIGOKU」という原爆投下の映画を3Dで撮る計画があったんですが、映画制作に使う原作の脚本が、「史実と違う」と指摘されて、アメリカで出版差止めになり、映画制作を一旦中止する破目になったそうです。原発事故もあった事だし、この機会に、核の怖さや罪の無い民間人を人体実験に利用した悲劇と真実を啓発してほしかったんですが…(でも3Dって凄く怖そう((((;゚Д゚)))))))

あと、電力の事ですが、中部電力が懲りずに「トリウム原発」開発を始めたそうで、情けないです…。また同じように核のごみを増やすだけです。

棗さん

九月議会は、話題がいっぱいで面白そうですね( ´ ▽ ` )ノ
最近の話題として、奥岡議員の「大津いじめ事件を他山の石として」と、石原議員の「TPPの地域経済への影響について」、そして福祉関連で、清水隆弘議員の「忍び寄る無縁社会への早期対策について」が特に興味あります。何度か申し上げている札幌と立川での知的障害者と家族の餓死事件が頭によぎりました。清水隆弘議員は、以前ここで、福祉を押し出してたのにどうなったのかと言われてましたが、これから頑張って頂きたいです。

あとは、小林俊彦議員の「食害を考える(野生動物による農作物・森林の食害)」が、さっきの絶滅宣言の話で非常に考えさせられます。そういう意味で、清水実議員の個性的な環境問題の質問は興味深いです。いなべに来てから、猿の大群が畑を襲ってるのを見ました。地域の人の話によれば、環境破壊で山に食糧がないんじゃないか、との事でした。被害を受ける人も大変ですが、猿さんもかわいそうです。・°°・(>_<)・°°・。
 
 

公然の秘密

 投稿者:もぐさ  投稿日:2012年 8月29日(水)18時24分55秒
  「公然の秘密」という、元原発作業員でフリー記者の竹内公太さんの展覧会がこないだ開かれたそうです。以前この掲示板で、この方の事を少し書かせて頂きました。竹内さんは「指差し作業員」とも呼ばれてて、「ふくいちライブカメラ」に指を差して、日本人に対する事なかれ主義(見て見ぬ振り)に警鐘を鳴らしました。

福島第一原発では、作業員の尽力で、何とか日本が持ち堪えてるという事を私たちは良く知ってるのに、自分達は作業したくないから、あえて日常でその話題に触れないようにしています。死人や怪我人が出てても、原発事故での失業者や、お金に困った弱者が拉致されてても、将来に渡って子供達の世代に収束作業をさせる破目になるのを知っていても何故か何も言いません。

「僕は大人になれるの?」「私は将来赤ちゃんが産めるの?」、こんな汚染地帯の子供達の問いかけに答えられる大人が居ないどころか(触れたくないから避けている)、そんな不憫な子供達の心情を差し置いて原発や母性を語り、挙句「子供を守りたい」という便利な言葉を使って、実は自分の保身ばかり考えてる身勝手な大人が多いなと思います。日本にはこうした「公然の秘密」が多いと思います。まだ、あからさまな差別をしたり、自分で手を下して人を傷つけるほうが、「公然の秘密」より潔くて分かりやすくて遥かにましだと思います。

ちょっと前、米軍基地問題で、米国務省のケビン・メアさんが、「和の文化は、合意に基づくゆすりの文化」「日本に行ったら本音と建前について気をつけるように。言葉と本当の考えが違う」と発言されましたが、私が感じてきた日本人の悪い所を的確に表してくれたように思いました。「和」を乱さぬ為に、弱者は物言えず黙殺されていくんです。そしてそれが弱者から更に弱者への終わらない「負の連鎖」を生む。日本特有の陰湿な弱者いじめの手段だと感じてます。

人間の野卑な素質は、特に教えなくても、大人の姿や、前述の「公然の秘密」の数々を見てたら解ると思います。私もそうやって、本音と建前を使い分ける方法、相手の本音をある程度見抜く能力を身に付けてきました。本音を隠してるつもりでも、時に、つい本音をこぼしてしまう大人には、嫌悪を通り越して、子供心に世の中への諦観すら感じました。
 

9月議会は3月議会の次に面白いと聞いた

 投稿者:  投稿日:2012年 8月29日(水)11時03分1秒
  9月定例会 会期日程が発表になりました。
http://www.city.inabe.mie.jp/gikai/index.php/kaigi

一般質問通告一覧表
http://www.city.inabe.mie.jp/gikai/images/pdf/ippan24-9-3.pdf

・今日の中日新聞に北勢線問題の記事が載っていました。 議会では水貝議員が質問するようです。
・先日、新聞折込で配布された「波動」の取り組みは興味深い内容でしたが、一般質問では別問題を質問するみたい。
・清水実議員は「土地開発公社の活用について」の質問が面白そう。
・いろいろ噂が流れているけど、やっぱり「新政いなべ」は一括質問が多いね~。
 

差別と環境。

 投稿者:賢人  投稿日:2012年 8月29日(水)08時49分0秒
  もぐさ様、相変わらず精力的な勉強をなさっておられる様子ですね。
最近のニュース2つから、まずルーマニアで日本人の若い女子大生が殺されました。
以前、イタリアで女子大生グループが集団で1人のジゴロにレイプされた事件がありましたが、
今回も、日本の無菌室のような差別厳禁教育がもたらした悲劇かもしれませんね。

自国の固有の領土が侵されても「大人の対応をする」お人好し民族と違い、諸外国は狐狼の人種が跋扈していることを知らねばなりません。
女子大生殺人犯はロマだと報じられています。ルーマニアのロマはそれこそ本場のジプシーですよ。
よくそんなのに夜いっしょにノコノコついて行ったものですね。
ヨーロッパに団体旅行する日本人にまず、現地ツアコンが注意するのは対ジプシー処理なのをご存知でしょうか?
日本人の常識からすれば、「そんな差別表現や蔑視態度が許されるのか?」といった注意を受けます。
残念ながら、人間には生まれつき(あるいはその後の育成環境から)どうしようもない盗癖、虚言、詐欺、不貞、等が身にしみている集団が存在することも、個人のしての人間の尊厳と同時に教えなければならないと考えています。

また、環境省が全国のカワウソと九州のツキノワグマの絶滅宣言と同期に、日本固有のハマグリの絶滅危惧Ⅱを発表しました。
日本原産のハマグリは殆どいない、という事実です。
桑名のハマグリが、実は朝鮮、中国原産だということが暴露されたのですよ。

農水省がおろかにも実施した木曽岬干拓事業によって、桑名の地ハマの生息地だった干潟が無くなったことが原因でした。ハマグリとコメではトンあたりの価格は全く違います。
しかも、その干拓地は今でもほったらかし。
そこに、浅はかな知事がメガソーラー事業を企てて、発電価格(消費者価格に上乗せされる)を4倍にしようとしています。

バスに乗り遅れるな式の発想は、真珠湾攻撃に至ります。
第二次大戦の悲しい結末が、原爆投下になった史実をもう一度反省し、総括するべきですね。
 

相変わらず・・・

 投稿者:いなべ市民  投稿日:2012年 8月28日(火)23時17分22秒
  どこまで行っても同じ返しか出来ないこのめでたいレベル。
ご本尊に入れ込むと回りも己自身も何も見えなくなるもんだ。
ご本尊に対する盲目的な愛は素晴らしい。
もっとも、その愛も溺愛だから自分にもご本尊にもいい影響どころか
ろくでもない影響しか与えないものだ。
回りに目を配るどころか、ひたすらご本尊にだけにしか目を向けられない哀れな人間。
ご本尊を溺愛してご本尊の陰に隠れてばかりだから、
人を年寄り扱い暗い者扱いしか出来ない極端に偏狭的な人間になってしまうものだ。
人の言う事に耳を貸さないのは御本尊そのまんま。
気の毒過ぎてアホらしくて、もう何も言う気にもならない。
せいぜいご本尊様をこれからもズッと大切にするがいい。
言われなくてもしていくわなあ・・・この人は・・
 

日沖市長の評価

 投稿者:市民の声  投稿日:2012年 8月28日(火)20時42分31秒
  明るい街づくりこそ日沖市長が目指す方向です。最近の掲示板を見ると暗い所が有ります、暗さよりも明るさが好ましいものです。若者のぴちぴち輝く麦色の肌の色はいいもんですね。年寄りは暗くて愚痴が多いですね。年寄りの愚痴も聞いてあげましょうね。  

いい街です

 投稿者:もぐさ  投稿日:2012年 8月27日(月)02時00分32秒
  シンドラーご覧下さったんですね、ありがとうございますo(^▽^)o
私は、せっかくDVDを持ってるのに、体調のせいで観れないからつらい…(/ _ ; )

アーモンが、好意を持ってしまったユダヤ人メイドのヘレンに、感情に反して暴力を振るいまくってしまう場面は、本当に切なくなります。人を素直に愛せないって哀しい…。

古い時代を再現した映画なので、テーマ曲だけでなく、挿入歌も雰囲気あって素敵です。最初のほうの食事会で流れる、カルロス・ガルデルの「Por una Cabeza」とか、20世紀初頭の流行歌の勉強にもなりました。

>「できない人達」が「できる振り」をし続けるからウソだらけになって行くんだと思います。
叱ってくれる人がいない社会ですから、ますます妄想に拍車がかかり、被害が拡大してゆきます。

私の言いたい事を代弁して下さったように思います。大人はいくら歪んでも非行に走っても、注意されないのはおかしいです!大人という権力の上に胡座をかいている人が多いな~(怒)と、幼少の頃からずーっと苛々してきました。

近所の大人たちだけでなく、学校の先生も、塾や家庭教師の先生も、平気で職業や学校名、成績や才能で人を差別したり、子供を偏見の目で見たりしてました。あまりに見苦しかったので、私は何度も大人たちの言動に赤面しました。正直、子供心に疲れ果てました。それに、障害者や、金銭的に貧しい人に対する悪口も沢山聞きました。

当然、子供は大人の真似事をするので、同級生たちまで、大人の鬱屈と憂鬱で歪んだ思想に染まり、他人を些細な事で罵倒するようになって、いがみ合い憎み合うようになっていきました。大人は、自分の欲望や不甲斐なさや欲求不満を、教育と言う大義名分で子供にぶつけてはいけません。最も始末の悪いのは、悪びれずに「あなたの為を思って」とか言う人々です。

あと、知識と知恵は別だと思います。私の育ってきた時代背景と地域性は、書物等から得られる知識の数ばかり重要視する風潮がありました。経験から得られる知恵、または生きる為の知恵に結びつく本当の意味での知識を軽んじるようでした。
そんな環境で育った私が、いなべ市に来て思ったのは、経験に基づく深い知恵や、本当の意味での知識・教養のある方々が大勢いらっしゃるなという事です。今の家族や近所の方々にも、日常の何気ない姿や他愛ない会話を通して色んな事を学ばせて頂いております。とても人間性ある温かい街で、景色も綺麗で、心が癒されています。
 

日沖市長の評価

 投稿者:市民の声  投稿日:2012年 8月26日(日)23時25分18秒
  日沖市長は公平に市民の皆様が一人も漏れることなく幸せな人生を送って欲しいと願って行政の運営をしておられます。市長さんの願いとは裏腹に人生の総仕上げの時期である老齢期に有りながら、成功の軌道から外れて脱線したような人生航路で焼けのやんぱちでぶーぶー批判ばかりしているお方も見えます。今からでも遅くは無いよと、人生のかじ取りを反省して、もう一度の出発を期待したい所でしょう。  

シンドラーのリスト

 投稿者:  投稿日:2012年 8月26日(日)15時19分41秒
  『シンドラーのリスト』は見逃した映画の1つでした。

今回はもぐささんの書き込みをきっかけに思い出し、DVDを借りてきて昨晩見ました。
なるほどナチス将校のアーモン・ゲート役は印象的でした。
いわゆる「文学青年」にいきなり暴力的なパワーを持たせるとああなってしまうのかな?
精神をやられ、狂気に支配されてゆくようです。

現政権による原発事故以来の暴走も、当市の素人指導者による混迷もよく似ています。

>つまらないこだわりとかは、潔く捨ててしまえば楽になれるんだけど、権力とか思想に取りつかれれば取りつかれる程、戻るのが怖くなって麻痺していきます。一人一人のそういう屈折や麻痺感覚が、歪んだ世の中を作ってるんだと痛感してます。

「できない人達」が「できる振り」をし続けるからウソだらけになって行くんだと思います。
叱ってくれる人がいない社会ですから、ますます妄想に拍車がかかり、被害が拡大してゆきます。
困ったことです。
 

文字化けしました

 投稿者:もぐさ  投稿日:2012年 8月23日(木)18時55分22秒
  『一人の命を救うものが、全世界を救う』です。失礼しました。  

レンタル掲示板
/250